nurse
nurse

生活そのものを変える

不妊治療のために妊活に取り組むようになると、様々な生活習慣の変化に直面します。ここで学べる知識で時間の使い方を上手にするコツを掴めば、将来的にも意味があるといえるため、日常生活をグレードアップするのにも役立ちます。

Read More

年齢による影響

安全に赤ちゃんの出産を行なうために検討を重ねておこう。助産院の一覧をチェックして、納得の医院探しを始めてみませんか?

不妊症の定義とその原因

一般的に、妊娠を希望して避妊をせずに通常の夫婦生活を行っているにもかかわらず2年以上にわたり妊娠に至らない状態を不妊症と言います。現在、10組の夫婦のうち1組の割合が不妊症と言われており、その原因は様々です。不妊は女性の問題と思われがちですが、実際には不妊の原因の約半数は男性側にあると言われています。また、近年では原因不明の不妊症も増えています。晩婚化が進み、高齢になってから妊娠を望む夫婦も増えており、不妊治療を受ける夫婦の割合も増えているのが実情です。男性の生殖機能はある程度維持されますが、女性は35歳を境に卵子の老化が進み、妊娠しにくくなります。妊娠を望むのであれば、特に女性はなるべく早く妊娠することが望ましいです。そしてもし妊娠に至らない場合は、原因は男性側にあるのかもしれないということを頭に入れておきましょう。

不妊治療には段階があります

妊娠・出産は、早い方がリスクは少なく済みます。子供を望むのであれば、早めに不妊の原因を調べることが大事です。自然妊娠が難しいと判明すれば、不妊治療に踏み切ることが妊娠成立の近道となる可能性も高くなるのです。不妊治療には大きく4つのステップがあります。まずは、排卵日を調べて夫婦生活のタイミングをはかるタイミング法からスタートすることが一般的です。次に、精子を子宮に注入する人工授精。卵子と精子をそれぞれ採取して体外で受精させ、その受精卵を子宮に戻す体外受精。そして、精子を人工的に卵子に注入して出来た受精卵を子宮に戻す顕微受精という方法があります。不妊の原因によっては体外受精や顕微受精といった高度な不妊治療から始める場合もあります。

手段を知っておく

nurse

不妊治療を受けたいと思って気になるのは、具体的にどのような方法で悩みを改善するのか、という点です。タイミング法を始めとした様々な手法や、メンタルケアを行ってくれるという点を通して産婦人科を知っていくと良いです。

Read More

時期について知る

nurse

不妊治療を行うべき時期、婦人科を受診するべき時期、そのタイミングとして判断基準になるのは、一般的な不妊の定義として認識されている妊活2年目終了の時期です。それまでに費用を早めに把握して、備えるようにしておくとよいです。

Read More